小学受験が盛んになっている時代ですが、学校の選び方には様々あります。スポーツに特化している学校もあれば、勉学に力を入れている学校もあり、その学校によって特色が違いますので選び方も変わってきます。小学受験を考えている親御さんは、早い段階で学校選びをしておいて準備をすることが大切になります。できれば1年前から準備をしておくことや、遅くても半年の猶予を持って受験を受けることが大切です。なるべくなら学校の情報を得ることを中心として、前年の受験について知っておくと対策になるので、知り合いにいるのであれば聞いておくことです。そして、子供というのは素直に対策をしてくれますので、親御さんのアドバイス一つで大きく変わってきます。自分で考えることをしながら、子供の能力を上手く引き出せるようにすることが、本来の対策になります。

小学受験では子供を見ています

小学受験で大切なことは、ペーパー試験ではありません。実際に対策をしておきたいと考えている人は、ペーパー試験を想定していますが、それは間違いなので注意することです。ペーパー試験の採点は、受験生が会場から去ってからのことなので、実際では当日は、ペーパーの内容を全く見てはいないといえます。一生懸命に取り組んでいるペーパー学習が無駄にはなりませんが、力を入れるところを視点を変えていくことによって、小学受験の対策が見えてきます。日々の勉強の努力は、子供が試験会場を去った後の採点で、役に立つだけだということを理解しておくことです。では試験官はいったい何を見ているのかというと、観察しているのは、目の前にいる子供になります。どのような子供であるのか、協調性があるのかおもいやりがあるのか、また何を考えて行動しているのかを見ています。

感性を磨いて小学受験を受ける

小学受験を目指している家庭では、ついついペーパー試験の対策をしてしまいます。実際にはもちろんテストの点数として見られていますが、実際には子供の本質を見ていることがほとんどです。学力が今あったとしても、実際には学校に入学してから身に就くことがほとんどなので、あまり重視されることはありません。学力というよりも子供の今までの生活環境からくる性格を見ていることが多く、子供を試験官は見ています。子供をグラウンドで遊ばせていると、どのような行動を起こすのかリーダーシップがあるのか、または自分の世界観で遊ぶのか、いろいろな子供を見ていることが多いです。子供は未来がありますので、今の状態でどのような行動をしていくのかによって大きな意味が見えてきます。ペーパー試験などを対策するよりも、子供の感性を重視していくことが大切になります。