国立と私立の小学受験で異なる点は教育水準になります。どちらにしても一概にはいえないですが、両者とも基本的に高い水準にありますので、困ることはありません。教育水準がどちらが高いということもなく、子供同士のいざこざなども少ないのは、やはり入試をかいくぐってきただけの子供たちだからです。そのために授業の輪を乱したりする生徒は少ないのも、小学受験のメリットといえます。私立では特にその高い水準というのは安定していますので、国立でなくてはいけないということではありませんし、また学力に合った学校選びもできます。親御さんは高い学費を払うことで納得できるのは、設備や教師の水準が高いからになります。もちろんどの学校でも差もありますが、魅力的な学校になるよう教育環境に力を注いでいるのが現状です。教育環境を考えて子供たちを通わせることです。

小学受験とエスカレーター式

小学受験をするメリットとしては、学校自体がエスカレーター式になっていることがあげられます。エスカレーター式になっていることによって、中学はもちろん高校や大学まで受験というストレスがなく上がっていくことができます。しかし、学校によって上がっていくためのルールが異なりますので、その学校の特色に合わせて話を聞いてみることです。中には学力が高いことから中学では、もっと教育水準の高いところを選ぶ子供もいますので、その子の能力を考えて学校選びをすることも大切になります。中には、転校することなくエスカレーター式にならっていく人も多くいますので、自分のペースで勉強をしたいという人にとっては、難しい勉強をするよりもペースに合わせることがベストな場合もあります。子供の将来を考えて学校選びをしていきますので、小学受験は大切なポイントです。

早めに始める小学受験と対策

小学受験を考えている家庭では、どのくらいから準備をした方が良いのか迷っている家庭も少なくありません。一般的には受験の2年程前から準備している家庭が多いですが、間にあう期間では夏頃から準備をはじめて合格することもできます。そんなに深く考えることをしないでも、子供の将来を考えた時に始めることは、遅いということではありませんので、対策をしていくことが大切です。また何も対策をしないで合格するという子供もいますので、必ず対策が必要かどうか何が正解かはわかりません。一番の本質ということでは、子供の資質にも大きく左右されるということがありますので、受験ではのびのびと子供の能力を発揮できることが重要です。小学受験をすると心に決めたのであれば、1年前には対策をはじめたほうが心に余裕が生まれますし、合格する可能性も高くなります。

不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 【伸芽会】の小学受験で成長に加速!